企業の資金調達とは

>

目的・目標を見えるように

この記事をシェアする

事業を始める創業時

事業を始める創業時に、自己資金以上のお金が必要なときには、いろいろある資金調達方法から、何が有効で使えるかまとめてみました。

1.補助金・助成金
創業補助金・小規模事業者持続化補助金

2.融資
信用金庫・日本制作金融公庫の公庫融資・信用保証協会の融資・個人借入

3.出資
自己資金・ベンチャーキャピタル

4.他
小規模企業共済・中小企業倒産防止共済・共済・クラウドファンディング

起業の際は、まだ企業としての信用がありませんので、資金を預けるべきかどうかの判断する情報も少ないです。
なので、事業計画書を作成する必要があります。
その事業計画書により審査を受けなければいけません。
事業計画書の内容によって審査が通る、通らないが決まるといってもいいでしょう。

事業計画書の作成には、資金調達に強い税理士に依頼するなどして専門家からアドバイスをもらうのもいいと思います。

事業拡大の成長拡大期・経営改善の緊急時

事業拡大のときの、おすすめの資金調達方法です。

1.補助金・助成金
新ものづくり補助金・キャリアアップ助成金

2.融資
銀行・信用金庫・日本政策金融公庫の公庫融資

3.出資
社員特株会・他企業からの出資受入・ベンチャーキャピタル

4.他
経営革新計画・クラウドファンディング、業務委託

起業時に比べて、資金調達の選択肢は増えます。
資金調達の条件で、決算書は必須になります。
お金を預けられるかを判断する有力な材料です。
決算書を正しく分析し、無理のない資金調達をしていきましょう。

次に資金繰りに困ったときの資金調達方法として「融資」が挙げられます。
融資には日本政策金融公庫の公庫融資や信用保証協会の融資があり、基本は今の借入金の返済負担を減らすか、新規で借入るかです。

その時の判断材料としては経営改善計画書があります。